Top > 着物の着付け方

着物の着付け方

着物の着付けは、最近では美容室などでしてもらう人が増えましたが、順番さえ覚えると自分でも着付けることはできます。着物を着付ける場合、一番最初に足袋を履き、肌襦袢、長襦袢の着付けをして、着物を着付けます。

着物の着付けの一番簡単な方法は、まず着物を後ろにまわして、両肩にかけます。次に長襦袢の袖をそろえながら、片袖ずつとおします。衿のあわせの位置、裾先、衣紋などに気をつけながら、着物を着付け、腰紐、伊達締めなどで固定します。伊達締めなどで着物を固定したあと、おはしょり、脇線、背中心、裾などをチェックし問題が無ければ帯を締めていきます。

着物を着付ける最後の手順は帯結びですが、帯や帯結びの種類もたくさんあり、着物の種類、着ていく場所などによって選びます。袷の着物を着付ける場合、一番簡単で、着ていく場所を選ばないのはお太鼓結びです。お太鼓結びは名古屋帯を使い、仮紐と、帯枕、帯揚げ、帯締めがあれば一人でも簡単に結べる帯結びなので、最初に覚える帯結びとしては最適です。帯も締め終わった後に、余分なしわが無いか、柄がきちんと出ているかなどをチェックします。問題が無ければ、着物の着付けは完了です。

 

 初めてのゴルフクラブ選び  ハリウッドランチマーケットの魅力
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
着物の着付け方(2009年9月16日)
着物の着付けと資格(2009年9月16日)
着物を着付けるために便利な道具(2009年9月16日)
着物の着付けを習う(2009年9月16日)